作業台の洗浄

workbench00

洗浄のポイント
  • 残菜やこぼれた調味料、洗剤などが残らないよう洗浄しましょう。
  • 布巾が汚れていると汚れや雑菌を広げる原因になります。洗浄に使用する布巾は清潔なものを使用しましょう。
  • サビが発生していないか確認し、ある場合は研磨粒子を含むナイロンたわしで、サビ落としをしましょう。ひどい場合は部品の交換をしましょう。
手 順
1
中性洗剤をスポンジたわしに染み込ませ泡立て、作業台をこすり洗いします。

workbench01

おすすめのスポンジ
キズをつけないタイプ >>
2
流水ですすぎ洗いをします。

workbench02

3
中性除菌洗浄剤をスプレーし除菌し、布巾で水拭きをします。
※中性除菌洗浄剤の分量等、詳細は製品の説明をご確認ください。
※除菌のため塩素系漂白剤(次亜酸化ナトリウム)をステンレス部分に使用すると、錆の原因になる場合があります。

workbench03_01workbench03_02
4
サビが見つかった場合は、研磨粒子を含むナイロンたわしを使って落とします。
※ステンレスは錆びにくい性質を持っていますが、塩分が付着したまま放置すると錆の原因となる場合があります。

workbench04

おすすめのスポンジ
サビ落としタイプ >>
チェックポイント
  • 残菜やこぼれた調味料の汚れが固まっていませんか?
    作業台に残菜やこぼれた調味料がそのまま固まっていると、衛生害虫発生の原因になったり、固形物が異物混入の原因となる場合があります。
  • 洗浄に使用する布巾は清潔ですか?
    不衛生な布巾で作業台を拭くと、綺麗にしているつもりが、逆に雑菌広げてしまうこともあります。除菌された清潔な布巾を使用しましょう。
  • 錆びた部分が放置されたままになっていませんか?
    錆を放っておくと、剥がれて異物混入の原因となり危険です。見つけた時は早めにサビ落としを行いましょう。また、濡れた鉄製の器具を置いたままにしておくと、鉄が錆び、その錆が作業台へ移ってしまう場合があります。
おすすめアイテム

Share Button