電子レンジの洗浄

microwave00

洗浄のポイント
  • 庫内を水蒸気で温めて、汚れを柔らかくしてから洗浄します。
  • 汚れは布巾で拭き取り、汚れが酷い箇所は洗剤をスプレーした布巾を使います。
    センサーなどが故障する恐れがあるため、庫内へ洗剤を直接吹き付けるのは避けましょう。
手 順
1
耐熱容器に水を入れ、5分ほど温めて蒸発させます。
庫内が水蒸気の水滴でいっぱいになったら、ドアを閉め20分程度放置します。

microwave01

2
ぬるま湯(35~40℃)でしぼった布巾で汚れを拭き取っていきます。
ドアの内側も忘れずに拭きます。

microwave02

3
汚れが酷い所は、布巾に洗剤をスプレーしてこすり洗いします。
湿った布巾で洗剤が残らないよう拭き取ります。

microwave03_01microwave03_02
4
回転テーブルがある場合は、外してスポンジたわしで洗います。
microwave03
おすすめのスポンジ
曲げやすいタイプ >>
5
本体の前面のパネル、側面などは洗剤を染み込ませた布巾で拭き、水分を充分に取り、
取っ手はアルコールをスプレーして除菌します。※水分が残っていると効果が低減します。
さらに、側面、背面の通気口も忘れずにホコリを取り除きます。

microwave05_01microwave05_02
チェックポイント
  • 庫内に汚れが残っていませんか?
    庫内に汚れが溜まっていると衛生的ではありませんし、異臭に変わる場合があるため、こまめに取り除きましょう。
  • 取っ手は汚れていませんか?
    汚れた取っ手は菌が繁殖しやすく、手を媒介として雑菌が広がり食中毒を引き起こす場合があります。除菌して清潔にしておきましょう。
  • 背面の通気口は綺麗ですか?
    通気口にホコリが溜まっていると、レンジの効率が落ちる場合があります。ホコリが溜まったり汚れていないかチェックしましょう。
おすすめアイテム

Share Button