グリドル(鉄板)の洗浄

griddle00

洗浄のポイント
  • 大きなコゲツキ、こびり付きは、あらかじめスクレーバーで落とす。
  • 研磨粒子入りの不織布ナイロンたわしでこすり洗いをする。グリドル専用クリーナーを使う。
  • 油はね、油汚れを落とす。
手 順
1
グリドルの火を消し、スクレーパーを使って大きなコゲやこびり付きを取り除きます。
その際、火傷しないよう注意しましょう。

griddle01

2
グリドル専用クリーナーを鉄板に注ぎ、研磨粒子入の不織布ナイロンたわしで鉄板。
壁面をこすり洗いします。
※グリドル専用クリーナーは、使用上の注意をご確認の上ご使用ください。
※ナイロンたわしは90℃以下でご使用ください。

griddle02

3
スクレーパーでコゲかす、洗剤などを取り除きます。
水をかけてすすぎ洗いをし、スクレーパーで取り除きます。

griddle03

4
布などで水分を拭き取り、油を薄く塗ります。

griddle04

チェックポイント
  • コゲツキ、こびり付きは残っていませんか?
    ※コゲツキは熱せられた食べ物が固く炭化した状態で、放置すると異物混入の原因となります。取りにくい場合は、コゲ落とし専用の洗剤を使用しましょう。
  • 周辺に油の飛び散りが残っていませんか?
おすすめアイテム

Share Button