フライヤーの洗浄

flyer00

洗浄のポイント
  • フライヤーの内側など汚れが激しい箇所はナイロンたわしを使い、油はねなど汚れが軽い外側や周辺はスポンジたわしでこすり洗いをする。
  • 油の流動性がよい温かい間に行う。※高温は避け火傷に注意。
手 順
1
ドレンコックを開き、フライヤー内の油を抜きます。
油受けを引き出し、油は別の容器に取っておきます。
揚げカスは洗浄の水で熱を冷ますため、残したまま油受けを本体に戻します。

flyer01

2
ドレンコックを締めて、フライヤー内にお湯を注ぎます。
ナイロンたわしに強力洗浄剤を含ませ、フライヤーの内側、ヒートパイプ、あげ網などを洗浄します。

flyer02

3
スポンジたわしに洗剤を含ませ、フライヤー本体の上部、前面、側面を洗浄します。

flyer03

4
お湯ですすぎ洗いをします。
この時、カスが残らないようホースをお湯の勢いを強めて、ヒートパイプの奥まで丁寧にすすぎます。
ドレンコックを開き、お湯を捨て洗浄泡が残らないよう、さらにすすぎ洗いをします。
すすぎを終えたら、油受けに溜まったお湯と揚げカスを捨てます。

flyer04

5
乾いた布で拭いて水気を取り除き、内部を乾燥させます。
乾燥したらドレンコックが閉まっているのを確認し、取っておいた油を注ぎ、減っている分は新しい油を継ぎ足します。
※油は酸化チェック紙で、毎日チェックを行い酸化度が基準をオーバーしている場合は油を全て交換しましょう。
チェックポイント
  • フライヤー内に汚れが残っていませんか?
    ※油は固まると取れにくくなります。特に隅の汚れはこまめに落としましょう。
  • 周辺に油の飛び散りが残っていませんか?
    調理場がお客様から見える環境では、本体の外側に油汚れが残っていると印象が悪くなるため綺麗にしておきましょう。
おすすめアイテム

Share Button