まな板の洗浄

cutting_board_main

洗浄のポイント
  • 作業する食材が変わるたびに洗浄しましょう。
  • 次亜塩素酸ナトリウムを使った殺菌・漂白は毎日行いましょう。
手 順
1
表面の食品の残渣を取り除き、流水で洗います。

cutting_board01

2
中性洗剤(または洗浄除菌剤)を含ませた、毛先が硬めのブラシで洗浄します。
傷がある場合は、傷に入り込んだ汚れをかき出すように傷の目に沿って洗います。

cutting_board02

3
流水で洗い流します。
→ 食材を変更する場合は「4」へ
→ 作業を終える場合は「6」へ

cutting_board01

4
清潔な布巾で水気を拭き取り、乾燥させます。
布巾は他の用途と併用しない、専用の布巾を使用しましょう。

cutting_board03

5
まな板の表面・側面・裏面へ、アルコールをスプレーして除菌します。
※水分が残っていると効果が低減します。
食材を変更する場合は、このまま作業を続けます。

cutting_board04

6
規定倍液に薄めた次亜塩素酸ナトリウムを溜めたシンク、または容器にまな板を30分以上漬けます。

cutting_board05

7
薬液が残らないよう、流水でしっかり洗い流します。

cutting_board01

8
清潔な布巾で水気を拭き取り、乾燥させます。
布巾は他の用途と併用しない、専用の布巾を使用しましょう。

cutting_board03

9
包丁・まな板殺菌庫へ保管します。
次回、使用前に再度アルコールを吹き付けます。

cutting_board06

おすすめのスポンジ
細かな凹凸洗いに最適なタイプ >>
チェックポイント
  • 深い傷や変色はありませんか?
    まな板に深い傷があると、そこに菌が溜まりやすく食中毒の原因となる場合があります。また、黒ずみがあり、漂白しても取れない場合は削るか交換をしましょう。
  • 殺菌庫は清潔ですか?
    包丁やまな板を保管する殺菌庫が不衛生では意味がありません。内部にゴミや水気が残らないよう、定期的な掃除をしましょう。
おすすめアイテム

Share Button